365棋牌游戏_365游戏大厅【下载官网】

图片

大学院 言語科学研究科

言語と言語教育のスペシャリストを育てる

「言語とは何か」という問いは、「ヒトとは何か」という人間の本質に通じる問いです。言語の音、語彙、意味、文法やその運用など、言語の仕組みや体系について探求するとともに、母語以外でコミュニケーションすることの意味や、言語教育のあるべき姿について、理論と実践から迫っていきます。グローバル化が進み、第二言語、第三言語の習得の重要性が増している中、言語指導技術や、教材の開発も急務になっています。このような時代に対応するため「言語科学研究科」では、中学校?高等学校のほか様々な英語教育、日本語教育の場で、指導的役割を果たすことのできる人材を育成します。博士前期課程には日本語学専攻と英語学専攻があり、それぞれの言語?言語教育の専門家を養成します。

Nurturing Specialists in Language and Language Education
The question "What is language?" is one that leads us to examine what it means to be human. The graduate programs explore the structures and systems of language, including language sounds, vocabulary, meaning, grammar, and their functions, as well as issues of communication in foreign languages and how they are taught from theoretical and practical perspectives. As the world becomes more globalized and the importance of learning a second and third language increases, there is an urgent need to develop language teaching techniques and materials. In response to these trends, the Graduate School of Language and Linguistic Sciences aims to foster educators capable of playing a leading role in English and Japanese language education in junior and senior high schools as well as other settings. The Master's Program offers two majors, one in Japanese Linguistics and the other in English Linguistics, with the goals of developing specialists in each language and in language education.

言語科学研究科について

人間の言語知識と運用能力の解明、
コミュニケーション能力重視の言語教育に向けて。

本研究科は、日本語学専攻とMA TESOL Program(TESOL学位プログラム)からなる博士前期課程(修士課程)と言語科学専攻の博士後期課程(博士課程)からなり、日本語学専攻では?日本語および日本語教育にかかわる高度な研究および教育を行っており、英語学専攻においては、幅広い専門知識?指導法を教授しています。いずれの専攻も、その分野で優れた業績をもつ教授陣のもと、少人数のクラスできめ細かな教育が行われています。

Toward the enhancement of human language knowledge, practical ability, and communicative language education
The Graduate School consists of a Master's Program in Japanese Linguistics, an MA TESOL Program (TESOL degree program), and a Doctoral Program in Linguistic Science. The Department of Japanese Language and Linguistics conducts advanced research and education related to the Japanese language and Japanese language education, while the Department of English Language and Linguistics focuses on a wide range of specialized knowledge and teaching methods. Both majors offer small class sizes and engaging courses by professors with outstanding achievements in their respective fields.

博士前期課程(修士課程)

博士後期課程(博士課程)

ポリシー

アドミッション?ポリシー

365棋牌游戏_365游戏大厅【下载官网】大学院言語科学研究科では、本学建学の理念「言葉は世界をつなぐ平和の礎」に立ち、「言語科学」の観点から行われる言語研究、言語教育研究、コミュニケーション研究によって人間理解、国際?異文化交流を促進し、社会と世界の平和と発展に寄与することを目標として研究と教育を行っています。

博士前期課程では、これらの分野の基礎研究に従事する研究者と社会の要請に実践的に応えることのできる高度専門職業人を、博士後期課程では、言語研究と言語教育の分野で先導的かつ指導的役割を果たすことができる専門家を養成しています。そこで、本研究科は以下のような人材を求めています。

  • 言語研究と言語教育の分野で多角的な研究を実践し研究者?専門家をめざす人。
  • 高度専門職業人として創造性と実践力のある英語?日本語教育のスペシャリストを志向する人。
  • 言語のエキスパートとして、広い視点に立って言語?言語教育の研究に意欲を持つ人。
  • カリキュラム?ポリシー

    言語科学研究科は、建学の理念に基づき、言語科学の観点から行われる言語研究、言語教育研究、コミュニケーション研究によって、人間理解、国際?異文化交流を促進し、社会と世界の平和と発展に寄与することを教育理念としています。この理念に立ち、人間の知的活動の基礎である言語、および、その教育とコミュニケーションについて、主に日本語と英語を中心に、その特性や実態を研究し、「ことばの専門家」として先導的な役割を果たす人材を育成することを教育目標としています。その教育目標を実現するために、以下の方針のもとに教育課程(カリキュラム)を編成し、実施しています。

    修士課程(博士前期課程)にあっては、日本語と英語を中心とした言語、言語教育、コミュニケーションの各分野の研究科目、演習科目、技術科目を設置し、これらの分野の基礎研究に従事する研究者や社会の要請に実践的にこたえることができる高度専門職業人を養成します。さらに、修士論文または修士研究報告を完成し、自己の研究を専門分野の中に位置づけ、研究の成果と意義について客観的に把握する能力を育てます。

    博士後期課程にあっては、言語と言語教育の分野の研究科目、演習科目を設置し、これらの分野で、先導的かつ指導的役割を果たすことができる専門家を養成します。さらに、博士論文の完成にむけて、毎年次、論文指導演習を履修し、研究を計画的に進めることで、専門家としての能力を育てます。

    博士前期課程2年間、博士後期課程3年間を通じて、専門家としての責任感と倫理性をもって、その研究や業務を遂行する能力を育てます。

    ディプロマ?ポリシー

    言語科学研究科は、建学の理念に基づき、言語科学の観点から行われる言語研究、言語教育研究、コミュニケーション研究によって、人間理解、国際?異文化交流を促進し、社会と世界の平和と発展に寄与することを教育理念としています。この理念に立ち、人間の知的活動の基礎である言語、および、その教育とコミュニケーションについて、主に日本語と英語を中心に、その特性や実態を研究し、「ことばの専門家」として先導的な役割を果たす人材を育成することを教育目標としています。その教育目標を実現するための教育課程(カリキュラム)を編成?実施し、以下のように課程を修了した者に対して学位を授与します。

    修士課程(博士前期課程)にあっては、広い視野に立って豊かな学識を授け、専門分野における研究能力や高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養うことを目的としています。所定の年限在籍して、定められた要件単位を修得し、かつ、修士論文または修士研究報告の審査および試験に合格した者に修士の学位を授与します。

    博士後期課程にあっては、専攻分野について、自律して研究を行うのに必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養うことを目的としています。所定の年限在籍して、定められた要件単位を修得し、かつ、研究指導を受け、標準修